2007年12月05日

あぶらとり紙

あぶらとり紙とは、脂が気になるところに当てるだけで、皮脂を取り除くことができるもので、薄めの吸脂性に優れた紙です。

金箔を作るときに使う金箔打ち紙が脂を吸収する性質に優れていたため、舞妓さんの化粧直しに使い始めたのが始まりだと言われています。
posted by メイクアップ用語 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: あぶらとり紙のあぶらとり紙専門店あぶらとり紙(あぶらとりがみ)は、顔の皮脂などをとるために用いる化粧用の和紙。白粉などで化粧した状態のままでも上からあてることであぶら汗を吸いとらせることができる。近年..
Weblog: いろいろ紙を知りたい
Tracked: 2007-11-29 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。